あっさり風味の競馬予想

JRAで日曜日に行われるメインレースを中心に、データを集計し掲載しています。データはコース成績・距離成績・前走成績などを主に集計しています。また、データに基づいた予想も載せています。

CBC賞2017 データ・予想

 今週末7/2に中京競馬場ではCBC賞が行われます。

 このレースは3歳以上のハンデ戦で、サマースプリントシリーズの第2戦です。昨年は、後にスプリンターズSを制するレッドファルクス勝利しました。

 今回も、コース成績・距離成績・競走成績を表にまとめてみました。

 

 

中京

1000-1300

競走成績

アクティブミノル

0-1-0-1

0-1-0-2

3-0-0-10

鞍馬 9

アリンナ

0-0-0-0

0-0-0-0

2-1-0-0

葵S 1

アルティマブラッド

1-0-1-2

1-0-1-3

4-5-1-8

春雷 3

エイシンスパルタン

0-0-0-1

1-0-0-2

1-1-0-0

阪神C 8

オウノミチ

0-2-0-0

0-2-0-1

3-2-2-11

安土 12

オメガヴェンデッタ

0-0-0-1

1-0-1-4

1-0-0-8

韋駄天 5 春雷5

シャイニングレイ

0-0-0-0

0-0-0-0

0-0-0-0

安土 1

スノードラゴン

0-1-0-4

3-5-0-9

6-5-3-10

高松 7

セカンドテーブル

0-0-0-1

1-0-0-3

2-2-4-5

安土 5

タイムトリップ

0-0-0-0

1-0-0-2

2-1-1-0

NHK 6

ティーハーフ

0-1-0-3

0-1-1-3

6-2-3-12

安土 3  高松宮4

トウショウドラフタ

1-0-0-1

5-0-0-7

0-0-0-1

京王杯 5

トーセンデューク

1-1-0-2

2-2-1-6

0-0-0-0

京王杯 8

ナリタスターワン

0-1-0-0

1-1-0-0

3-1-0-5

鞍馬 18

メイソンジュニア

0-0-1-0

0-0-1-1

2-0-0-2

NZT 2

メラグラーナ

1-0-0-2

1-0-0-3

5-1-0-3

高松 10

ラインスピリット

1-0-0-4

1-0-0-5

6-4-1-12

高松 13

ラヴァーズポイント

0-2-0-3

0-2-0-4

4-2-6-14

鞍馬 15

・成績の良いものを塗りつぶし、その中でもより成績が良いものを赤で塗りつぶしています

・距離実績は、1200mだけだと成績が少ないため、1000-1300mで載せています

・競走成績は、近年のCBC賞で成績上位馬がよく出走していたレースを中心に載せています

 

 

ここからはデータ表をもとにした予想です。

 

本命:メイソンジュニア

 レース数はまだ少ないものの、中京は3着1回で、競走成績も好成績、距離成績も前走GⅡのNZTで、ジョーストリクトリの2着と好走しています。先週の函館SSでも3歳馬ジューヌエコールが制したのに引き続き、斤量差を生かして3歳馬の好走の可能性があると思います。

 

対抗:アルティマブラッド

 距離実績・競走成績で好成績を残しており、中京でも1着1回・3着1回の成績を残しています。近年OP好走馬が良く連に絡んでおり、この馬も前走は春雷Sで3着に好走しています。また近3走騎乗していた松若騎手が騎乗停止により、過去にマジンプロスパートーホウアマポーラCBC賞を制している福永騎手に乗り替わることもプラスに向いてくれると考えています。

 

単穴:アリンナ

 距離成績・競走成績で好成績を残しており、前走葵Sを逃げ切り勝ちをおさめています。登録馬の中で最軽量の50kgなので、ハンデを生かして逃げ切ってもおかしくないのではないのでしょうか。

 

連下:ティーハーフ

 距離成績・競走成績で好成績を残しています。去年はあまり良い成績が残せませんでしたが、高松宮記念で4着と好走し、CBC賞の成績上位馬が好走する安土城Sでも3着と好走しています。斤量が57kgになりますが、去年よりも末脚のキレが戻ってきており、一発あるかもしれません。

 

連下:シャイニングレイ

 屈腱炎で2年間休養していたため、戦績は少ないものの、初の短距離挑戦となった前走の安土城Sでは快勝をおさめました。ディープ産駒ということで距離の心配もありますが、2年前の勝ち馬ウリウリも同じディープ産駒で安土城Sから連勝していることから、連に絡んでもおかしくない一頭と考えます。

 

 以上、データをもとにした予想でした。今回は戦歴の少ない中京コースであったり、明らかなステップレースがないことから比較が難しいです。また斤量差も考慮しなければいけないですね。