あっさり風味の競馬予想

JRAで日曜日に行われるメインレースを中心に、データを集計し掲載しています。データはコース成績・距離成績・前走成績などを主に集計しています。また、データに基づいた予想も載せています。

アイビスサマーダッシュ2017 データ・予想

 今週末7/30には、新潟競馬場でGⅢアイビスサマーダッシュが行われます。3歳以上の混合戦で、中央で唯一、直線コースで行われる重賞です。
 2015年・2016年とベルカントが連覇を果たしていましたが、引退したため新たなヒーロー誕生に注目が集まります。
 夏競馬にしては配当的にそこまで荒れない印象が強いですが、去年は9番人気が2着に、2011年・2010年は2年連続で2桁人気が絡んでいます。
 今回もコース実績(新潟)、距離実績(1000-1300)、競走実績を表にまとめてみました。

 

 

新潟

1000-1300

競走成績

アクティブミノル

0-0-0-0

3-0-1-10

CBC3

アースエンジェル

3-1-0-5

4-1-0-7

駿風 9

イオラニ

2-3-1-5

2-3-1-2

韋駄天16

オヒア

0-0-0-0

3-0-3-10

 

キープレイヤー

1-0-0-3

4-2-0-18

 

シンボリディスコ

0-5–2-3

2-4-3-4

韋駄天2

ダンシングワンダー

2-0-2-4

4-0-2-8

韋駄天8

ナガラオリオン

0-0-0-0

2-2-1-8

バーデ5

ナリタスターワン

0-0-0-0

3-1-0-6

CBC6

ネロ

3-3–0-1

7-8-0-12

シル11去年2

フィドゥーシア

1-0-0-0

7-2-2-5

韋駄天1

ブライトチェリー

3-0-1-11

4-2-1-15

韋駄天7

プレイズエターナル

2-0-0-3

5-7-7-14

韋駄天6

ラインスピリット

1-0-0-0

6-4-1-13

CBC15

ラインミーティア

1-1-0-9

3-3-4-17

韋駄天4

レジーナフォルテ

1-0-0-1

3-0-1-5

さくら 1

レッドラウダ

1-1-1-1

3-1-4-6

韋駄天3

レヴァンテライオン

0-0-0-0

2-0-0-1

 

・成績の良いものを塗りつぶし、その中でも成績の良いものを赤で塗りつぶしています

・距離実績は1000mのみだと成績が少ないため、1000-1300mに範囲を広げてのせています

・競走成績は、近年のアイビスサマーダッシュで成績上位馬がよく出走していたレースを中心にのせています

 

 

 

ここからは上の表をもとにした予想です。

 

本命:ネロ

 コース実績・距離実績・競走成績の全てで好成績を残しています。中でも新潟実績は3-3-0-1の好成績で、直線1000mに限定すると5戦中5連対とかなりの安定感を残しています。昨年より2kg斤量が重くなりますが、実績的には最も好走を期待出来るでしょう。

 

対抗:レッドラウダ

 こちらもコース実績・距離実績・競走成績の全てで好成績を残しています。特に新潟成績はネロに続く好成績です。前走の韋駄天Sでは最後差し切れず3着でしたが、フィドゥーシアに0.2まで迫りました。今回も新潟適性をいかして上位に食い込む走りを見せて欲しいです。

 

単穴:シンボリディスコ

   こちらもコース実績・距離実績・競走成績の全てで好成績を残しています。特に距離成績が良く、1000mに限定すると0-2-1-0と3着以内を外していません。一昨年の同レースもベルカントの2着と好走しています。過去のアイビスサマーダッシュでの7歳馬の連対は、2014年の勝ち馬セイコーライコウのみですが、コース適性を考えれば好走の可能性を考えられます。

 

連下:フィドゥーシア

   こちらもコース実績・距離実績・競走成績の全てで好成績を残しています。特に登録馬のうち8頭が前走出走している韋駄天Sを勝利しています。近年のアイビスサマーダッシュでは軽量の牝馬の好走が目立っており、今年も牝馬の中で1番有力と考えます。

 

連下:イオラニ

   コース実績・距離実績で好成績を残しています。特に新潟コース出走数も最多タイであり、成績も2-3-1-5と悪くありません。前走はスタート直後に落鉄があり、参考外の一戦でした。斤量が意外に56kgと重くなりますが、適性をいかした一発に期待したいです。